安い料金で旅行する方法!早期購入・ホテル付き・フリープラン【旅パック】

- エアドゥで行くおすすめの旅行プランはもちろん北海道です


エアドゥで行くおすすめの旅行プランはもちろん北海道です

株式会社AIRDO(エアドゥ)がLCC(格安航空会社)なのか賛否両論あります。同社自身はLCCを標榜していません。そもそもエアドゥが参入した際、LCCという概念が国内にはありませんでした。とはいえ既存のANAやJALに対抗してスタートしました。有料機内サービスがあります。そういう意味では国内における元祖LCCです。

ANAとコードシェアがあるので選択肢は広がります

飛行機のイラスト
現在エアドゥはANAの支援を受けて運航しているためコードシェア便があります。その恩恵もあり、発足当初は新千歳羽田便のみでしたが、2017年6月時点において羽田発着の北海道便は新千歳、旭川、女満別、釧路、帯広、函館があります。

その他に新千歳と仙台、名古屋、神戸、岡山、広島を結んでいます。さらに函館と名古屋間で1日1往復があります。北海道中心ではありますが充実した路線が開設されています。大手とは違った飛行機による国内旅行を楽しみたい人にとって選択肢が広がります。

おすすめはエアドゥの深夜便です。例えば羽田21時30分発、新千歳23時05分着です。北海道の移動をレンタカーと決めれば、深夜であっても問題はありません。逆は新千歳22時30分発、羽田23時55分着です。都心で翌朝に会議がある人なら重宝します。

多様な割引サービスがあります

エアドゥにも正規の格安航空券が用意されています。それはAIRDOスペシャルです。出発日までの期間に応じて同75、55、45、28、21があります。予約変更はできず座席数に制限はありますが、夏休みでも適応されます。

さらに出発3日前、同1日前でも予約できるDOバリューがあります。羽田新千歳の正規料金が29,290円のところをDOバリュー1なら最安値16,000円です。こちらも座席数に限りはありますが、ビジネスパーソンもエアドゥの割引が使えるのです。

会員になればDOマイルが貯まります。チケット購入金額100円につき1ポイントです。1400ポイントに達すれば羽田新千歳便の特典航空券がゲットできます。この航空券は本人以外への譲渡も可能なので、家族旅行にも最適です。

北海道へ行くならエアドゥです

エアドゥこそ元祖LCCです。海外旅行用の格安航空券は市場に登場していましたが、国内のガチガチな航空業界に風穴を開けたのは事実です。結局は失敗しANAの傘下で落ち着きましたが、北海道重視の傾向は変わることがありません。道民割引運賃も残っています。

LCCの特徴でもある地域戦略なので北海道便が中心です。とはいえ路線も多様なのでビジネスを含めた北海道旅行をする際の利便性は高いでしょう。ANAとの提携があるので運航面、経営面にも心配はありません。

正規の割引料金もあるため、予定が決まり次第に早めの予約をすればお得感はあります。機内に入った瞬間から北海道感覚を味わえます。北海道へ行くならエアドゥです。道民のみならず選択肢のひとつに考えてみましょう。

関連記事:

    None Found

Copyright(C)2014安い料金で旅行する方法!早期購入・ホテル付き・フリープラン【旅パック】All Rights Reserved.